wi-fi・モバイルルーター

【まとめ】インターネット環境の種類と申し込み方法

生活に欠かせないネット環境
インターネットの普及率は高く、
生活する上で必要不可欠といっても過言ではありません。
ライフスタイルによって導入する環境は
光回線やモバイルルーターに分かれます。
それでは、ネット環境の紹介をして行きます。

インターネット環境の種類

インターネット環境は2種類あり、
固定回線とモバイルルーターが主流です。
固定回線はいくつか種類がありますが、
ここでは、光回線のみ紹介していきます。

固定回線

固定回線は、現在は光回線が主流となっています。
速度制限こそ無いものの、時間帯によっては速度が落ちます。

固定回線を導入するメリット

固定回線を導入するメリットは下記の通り。
・通信量制限が無い
・速度は安定する
・ホームネットワークが構築できる
・プロバイダによっては、携帯料金の割引がある
電力自由化のセット割を展開するプロバイダがいる

固定回線を導入するデメリット

・モバイルルーターより高い場合がある
・開通工事で立ち合いが必要になる
・混雑する時間帯は通信速度が伸び悩む
・引っ越す場合、場所によっては利用できない場合がある
・混雑する時間帯は速度が低下する
・引越シーズン付近になると、工事まで時間が掛かる
・最低利用期間がある
・更新月以外に解約すると違約金がかかる

固定回線導入に必要な機材等

・回線終端装置(プロバイダより送られます)
・ルーター(プランによってはプレゼントされます)
・LANケーブル

光回線の種類

一口に光回線といっても種類は豊富です。
ここでは光回線の一部を紹介します。

ソフトバンクユーザー向けの光回線

ソフトバンクユーザーが割引を受けることができる光回線。
それが、「ソフトバンク光」です。
ソフトバンクのスマホ1台につき、
毎月千円のお家割が適用されます。

ソフトバンクを利用しつつコストダウンを図りたい場合
ソフトバンク光の導入をお勧めします。

また、通信速度が最大2Gのnuro光もソフトバンクのセット割が使えます。

その他の光回線

光回線は数が多い為、個別の記事を作成しました。
これから光回線を導入したい方にお勧めです。

モバイルルーターより安定!スマホセット割のあるお勧めの光回線6選 戸建てや賃貸物件でも欠かせないインターネット。 現在のネット環境は光回線や、モバイルルーターが主流です。 今回は、安定した大容量...

モバイルルーター

モバイルルーターはポケットサイズのルーターです。
無線通信規格であるwi-fiで、
パソコンやタブレットをインターネットに繋げられます。
パソコン以外にスマートフォンやゲーム機も繋げられます。

工事が不要な為、ノマドワーカーや
工事立会いしたくない方にお勧めです。


その他のモバイルルーター

近年モバイルルーターの数が増えた為、
別の記事で詳しい解説をしています。

【工事不要!】女性にもお勧めなモバイルルーターとホームルーター! 場所を選ばずに使いたい人に最適なネット環境。 それがモバイルルーターです。 固定回線と違い、クレジットカードが無いと契約出来ない...

モバイルルーターのメリット

・小型の為、持ち運びできる
・開通工事や立ち合い自体不要
・プランによっては通信制限が無い物がある
・クレードル対応ルーターはLANケーブルを使用できる

モバイルルーターのデメリット

・固定回線と違い、スマホみたいに通信量制限がある
・混雑する時間帯は低速状態になる
・場所によって通信速度が安定しない
・人が多い場所だと回線が遅くなる
・契約プランによっては、割高になる
・固定回線ではない為、ホームネットワークが使えない。(※)
※物によっては専用のクレードル前提でLANケーブルが使えます。

モバイルルーター導入に必要な機材

・モバイルルーター本体※
※店頭で契約した場合はその場で受け取れるのが大半です。
・クレードル※
※ルーターの機種によってはオプションで存在します。

場所を選ばずに使いたい人向けのルーター

外出時にノートパソコンと一緒に持ち運びたい。
外出時にタブレットと一緒に持ち運びたい。
自宅でLANケーブルをつないでホームネットワークを構築したい。
そんな方にお勧めなのが、UQWimaxです。

クレードル対応のルーターの取り扱いがあり、
速度制限の無いギガ放題プランも用意されています。

一般的なモバイルルーターは、クレジットカードが必須ですが
UQwimaxは口座振替でも契約できるのも魅力です。



通信費用

固定回線とモバイルルーターの毎月の費用の簡単な紹介です。
最低利用期間と更新月以外の違約金に注意しましょう。

固定回線

月額料金は4500円前後となっています。
電力自由化やスマホのセット割を組み合わせて節約できます。
執筆時点での最安は、楽天コミュニケーションズの3,800円(税別)です
楽天コミュニケーションズはセット割は現状ありませんが、
楽天スーパーポイントが付与されるので、楽天モバイルと相性は良いです。

モバイルルーター

種類によりますが、安くて2000円台です。
プランによっては月額料金が高くなります。

インターネットの申し込み方法

インターネットの申し込みは店頭かホームページで行います。
ここでは申し込み方法別のメリットやデメリットを解説します。

インターネットで申し込む

公式サイトや、代理店のサイト経由で申し込みます。
パソコンやスマートフォンからアクセスします。
工事費無料やキャッシュバック等、
メリットが発生する場合があります。

施策は代理店毎に変わりますが、
キャッシュバックの条件がデメリットになる場合も。
施策のメリットとしては、キャッシュバックの他に
固定回線の場合はルータープレゼントや、
工事費無料等の施策が期待できます。

申し込みするには当ブログのバナーをご利用ください。

ルーターは家電量販店やネット通販で購入できますので、
プレゼント品が不要な場合は自前で購入します。

店頭で申し込む

家電量販店等のカウンターで申し込む方法。
キャッシュバックや、
ゲーム機プレゼントキャンペーンがあります。
内容によっては割高ですので、慎重に決めましょう。

今回のまとめ

・ネット環境は2種類ある
・固定回線は導入工事が必要になる。
・固定回線は速度制限が無い
・モバイルルーターは工事不要
・モバイルルーターは速度制限がある
※プランによっては無制限
・モバイルルーターはホームネットワーク不可
※クレードルが使える場合はその限りでは無い
・固定回線はスマホのセット割が使える
・プランにより利用期限や違約金がある
・申し込み方法や代理店によってキャッシュバックがもらえる
・申し込み先はホームページが店頭

電気代が高いと嘆く方は電力自由化してみませんか?




毎月払う電気代が高いと思う事はありませんか?
特に秋冬と夏はエアコンを使うので結構お金が掛かりますよね。
契約アンペアを下げたらブレーカーが落ちた経験がある人は、
電力自由化を検討してみてはどうでしょうか?
電気代を下げる方法としては、アンペア数の変更以外に
電力会社を変更する方法があります。
業者選びに迷う時は一括見積サイトを利用しましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です