判断材料

気になる生活音!防音性を重視するなら絶対に外せない項目【構造】!

賃貸生活で気になる近隣の生活音
賃貸生活でトラブルの原因として上位を占めます。
生活音や騒音の被害を減らす方法で悩んでいませんか?
実は部屋の構造である程度遮音できます。
今回は、部屋の防音構造について執筆します。

いくつ知ってる?建物の構造

一般的には木造やRCが有名ですが、
建物の構造は全部で五つ存在します。
1.木造
2.軽量鉄骨造
3.重量鉄骨造
4.鉄筋コンクリート造
5.鉄筋鉄骨コンクリート造

オーツカ
オーツカ
構造体は全部で5個あるよ!
ジョシュ
ジョシュ
音を気にするなら鉄筋や鉄筋鉄骨ですね!

防音性が高い鉄筋鉄骨コンクリート造(SRC)

鉄筋鉄骨コンクリート造は、柱になっている鉄骨の周りに
鉄筋コンクリートを施工した物件です。
鉄筋コンクリート造より大規模な建物で採用されている構造で、
主に高級マンション等でみられます。
防音性能は鉄筋コンクリートと同等です。

防音性能は鉄筋鉄骨と変わらない鉄筋コンクリート造(RC)

鉄筋コンクリート造は柱・床・梁や壁等が鉄筋コンクリートで構成されています。
足音や軽微な生活音が目立つ事はあまりありません。

木造物件は防音性が無いに等しい

一般的には木造物件は遮音性能はありません。
家具の配置や市販の防音シートを壁に貼る等で、
多少は音を遮る事ができますが、
絶対に騒音を防ぎたい人はRC物件を選択しましょう。


壁の構造と防音性能

部屋の防音性能は壁の材質、壁の厚さで決まります。
防音対策として、壁の厚さが150mm~200mm以上あれば十分です。
築年数の古すぎる物件と、木造物件や
建物周辺に飲食店や商業施設、道路がある物件は避けましょう。

オーツカ
オーツカ
ちなみに、流通機構(レインズ)に防音性の項目はありません
ジョシュ
ジョシュ
防音性を期待するならRC一択になりますね。

グレードが高い分賃料も・・・

設備や利便性が高いと賃料に反映されるのが賃貸物件。
防音性能が高いRC造も例外なく賃料は高いです。
防音性能が気になるけど予算が・・・
という方は、都心よりも郊外側を探してみましょう。
業界用語で「閑静な住宅街」と呼ばれる物です。

オーツカ
オーツカ
ファミリー層が近くにいると生活音が・・・
ジョシュ
ジョシュ
妥協するか予算を増やすしかないですね!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

電気代が高いと嘆く方は電力自由化してみませんか?




毎月払う電気代が高いと思う事はありませんか?
特に秋冬と夏はエアコンを使うので結構お金が掛かりますよね。
契約アンペアを下げたらブレーカーが落ちた経験がある人は、
電力自由化を検討してみてはどうでしょうか?
電気代を下げる方法としては、アンペア数の変更以外に
電力会社を変更する方法があります。
業者選びに迷う時は一括見積サイトを利用しましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です