賃貸

部屋探しするのに最適な時期はいつ?営業視点で特徴を解説!

こんにちは、(元)賃貸営業のオーツカです。
この記事を見ている方は部屋探しの時期に興味があるのだと思います。
この記事では、今まで接客していた中で質問が多かった
「部屋探しの時期」についてまとめています。

学生や会社員等の職業や年齢、予算等の要素によって
出来ればこの時期から探した方が有利だと思う事を執筆したので、
引越する予定が出来た方のお役に立てばと思います。

部屋探しの時期について


進学や就職、転職で引越する方は一番気になる引越の時期。
今回は、引越に最適な時期を(元)賃貸営業視点で解説します。
一般的には遅くとも入居予定月より一か月前に動く必要がありますが、
転職等の理由でオーソドックスな時期を外す方もいるでしょう。

結論:交渉難易度的に5月~9月が最適

初期費用や賃料の交渉は時期によって難易度が変わります。
結論から言うと、お勧めな時期は5月から9月です。
進学や新卒の場合無縁な時期ですが、
フリーランスや求職中の方等、
時間的余裕のある方に一番有利な時期です。

ジョシュ
ジョシュ
根拠に関してはSUUMO様が詳しい解説をされていますね。

学生と新社会人向けの時期は12月


進学や就職は3月中に入居が一般的なので、
一か月前までに動くのがベストです。
年末が近くなると、業界や大家さんが来年に備えだします。
つまりは、繁忙期の始まりです。

繁忙期は大家さんも管理会社も強気なので、
家賃交渉は地域や物件により、難易度が変わります。
交渉のしやすさは属性毎に替わり、
親が契約者になりやすい学生と新社会人が優位で、
無職の場合はハードモードです。

オーツカ
オーツカ
業界的には12月24日前後から1月6日位までが冬期休暇です
ジョシュ
ジョシュ
内覧希望の場合はお早めに!

空室情報が出始める1月と2月


12月が過ぎると少しずつですが、
入居者が解約届を出し始める時期になります。
ライフイベントの関係で、退去のタイミングはバラバラですが、
早い段階で2月3月の空室情報を拾う事ができます。

入居者の退去はあくまでも入居者が決める事であり、
管理会社やオーナーに強制力はありません。
なんらかのトラブルを起こした場合は例外です。

遅くても3月上旬までに内覧と契約を済ませましょう。

時期的には遅すぎる3月


4月から新生活を始める場合、
遅くとも3月中に契約を締結する必要があります。
3月上旬から部屋探しを始めると、
人気物件はほとんど埋まってしまうので、
可能な限り1~2月中には決着を付けましょう。

5月から交渉しやすい閑散期へ


5月からオフシーズン(閑散期)スタートです。
この時期は人気物件が極端に少ないのが特徴です。
例外的には、入居者の都合で4月まで空いていなかった部屋が
少しずつですが掲載され始めます。

掘り出し物が見つかれば儲けものですし、
閑散期は管理会社と大家さんが弱気になるので、
家賃交渉のハードルが若干下がります。
引越業者の費用も繁忙期よりは安くなる傾向も。

6月は新婚さん特需?ジューンブライド効果


この時期はジューンブライドによる新婚さんや、
同居カップル向けの2K以上の物件が目立ちます。
予算によりますが、治安情報や利便性を気にしましょう。
2部屋の物件でも2人入居する場合は、
プライバシー確保的な意味合いでも振分タイプ以外お勧めしません。

8月は転職者需要?夏のボーナス効果

夏のボーナスを貰ってから転職する人に需要がある時期です。
お金は有限なので、あまり無茶な価格の物件はNG。
住居のステップアップは計画的にしましょう。

9月は異動シーズン!会社のサポートに期待?

9月といえば異動に時期です。
大体の方は会社から引越費用や家賃補助があると思います。
迂闊な部屋の選び方をするよりも、
有給などを利用して現地を視察するなどしましょう。

部屋探し自体は全シーズン出来る

上記の解説は12月から9月までですが、
部屋探し自体は全ての時期でやる事はできます。
ただ、時期次第で物件数が上下するだけです。

まとめ

・学生と新卒なら12月から行動しよう
・初期費用や家賃の交渉が有利なのは5月から9月 参考
・部屋探し自体は全シーズン通して出来る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です